ネット利用で企業が得られる利益|インターネットの影響が大きい時代

ホームページ作成が依頼出来る制作会社を見つけよう

すぐに応募する必要

私の就職活動時の失敗経験

高校卒業後、一年制の専門学校へ入学しました。一年しかないと言うこともあり、早くから求人広告はチェックを入れていました。専門学校ということもあり、求人は学校を通さないといけなく、いろいろと制限はありましたが、求人広告もよく貼り出されていました。これだけたくさんあるのだ、どこかには就職できるだろうと、入学当初の私は、貼り出されていた求人広告をただ眺めているだけでした。それが入学して半月ほどたった頃でした。就職したかった企業に落ちてしまい、ほかの企業様を捜していたところ、ほとんどの求人広告の募集期間が過ぎているという結果に。しかし、まだいくらか残っていたため、何が何でもどこでもいい、就職をしようと、残った求人に募集をしました。しかしそれが、私の大きな間違いでした。何とか研修にまで持ち込めましたが、とても労働環境が悪き、正社員としてやっていけないと判断し内定を辞退。辞退した頃には就職活動時期を過ぎていましたので、結果的に就職浪人となりました。

求人広告はしっかりと目を通すこと

私が就職浪人になってしまったのは、もちろん面接に落ちたり、もっときちんと調べてから行動しなかったことも原因です。しかし、調べるにしてもどこからか。やはり皆さん求人広告はチェックしますし私もたくさんチェックしました。しかし、就職浪人となった今、求人のここをきちんと見ておけばよかったなと後悔した項目がありました。それは「募集期間」です。大抵の求人にはこの募集期間が一ヶ月から三ヶ月、もしくは半年などバラバラですが記載されています。もしもこの募集期間の項目が随時募集となっている企業を見つけた場合は、エントリーするときによく調べてみてください。必ずと言うわけではありませんが、随時募集と言うことは、それだけ人が辞めている、続いていない場合が多くあります。私が内定を辞退した企業様も、募集期間が随時募集となっていました。求人広告はたくさんの情報が掲載されていますが、小さな見す越しが自分に帰ってくることもあると、私は痛感しています。

Copyright© 2015 ネット利用で企業が得られる利益|インターネットの影響が大きい時代 All Rights Reserved.